ランニングで多くの方が抱える最大の問題・・・。膝痛。

・治療しても・・・。

・体幹を鍛えたけど・・・。

・姿勢を変えてみた・・・。

・シューズを変えてみた・・・。

・テーピングやコンプレッションタイツをしてるけど・・・。

・ストレッチをしてるのに・・・。

最大の原因は着地にあります!!

着地方法は3つに分類できます。

​・ヒールフット着地(踵)

・フラット着地(足裏全体)

・フォアフット着地(つま先)

​膝痛ランナーの多くの方はヒールフット着地になっています。

​全ての踵着地が悪いのではなく、

 

しくは踵接地つま先着地が理想になります。

フラット着地フォアフット着地

膝痛を改善する鍵になります。

​実験①

30センチ程度の台から片足ずつ降りてください。

(足裏のどこから床に着きましたか?)

​実験②

その場足踏み、またはその場でジャンプしてください。

(足裏のどこから床に着きましたか?)

足裏の前側(つま先)で着地になりませんか?

​人間の身体は間違った動きを行うと「痛み」としてシグナルを発します。実験からわかるように身体への負担を軽減するように自然とフォアフット着地になるのです。

痛みに耐えうる筋力アップや柔軟性を養うストレッチで痛みを回避するのではなく、

膝痛がでない着地方法を身に付けた上で筋力や柔軟性などの補強が大事です。

フォアフット着地の技術を身に付ける。

​☟

​着地方法に見合った全身のバランスを整える。(F,Fトレーニング)

​☟

​全体バランスを整えた上で必要に応じて、筋力アップ、柔軟性を補強する。

​☟

あなたに合ったランニング走法を手に入れる。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now